WEB説明会申し込み・資料請求フォームへ WEB説明会申し込み・資料請求フォームへ

オーナーインタビュー

全国展開するおたからやオーナーの
生の声をそのままお届けします!

田中オーナー
富田駅前店

田中オーナー

公式チャンネルにて公式チャンネルにて

インタビュー動画公開中!

開業当初に2,000万円超の売上を記録!『おたからや』で多店舗展開できる実感を掴みました!

開店初月の売上2,200万円!
20年間プリウスに乗っていた男が
今やベンツに乗っているなんて!

おたからやで成功する秘訣は、「こうなりたい、こうしたい、という夢を持つこと」です。(2022年)5月の売上は2200万円。粗利は900万円(オープンは4月)でした。本当に正直な話、私、開業資金27万円しか持っていなかったんですよ。それが、オープン初月なのに20年乗っていた車を中古ですけれどベンツへ買い替える事ができました。ロレックスの時計を買うこともできました。

それはなぜ(実現できた)かというと、お客様に寄り添うことと、本部のSV(スーパーバイザー)との信頼関係だと思うんです。やっぱり最終的には責任をとるのは私ですから。その前提でお話をしているからこそ、みなさん私の話を本音で聞いてくれるんだと思っています。

【加盟した理由】

【加盟した理由】

私の友人が「おたからや」を2店舗経営しておりまして、まずはその実績を聞いて興味を持ちました。
正直、他にも色々とフランチャイズでの開業を検討させていただいたのですが、最終的には「おたからや」の開業に関するシステムが一番信頼できると思いました。少ない資本金でできることが大前提だったのですが、ブランドにそんなに詳しくないのでそういった知識に対する不安と、それから買取店を運用するにあたって、莫大な資金を用意して営業に臨まなければならないイメージがあったので、資金に対する不安がありました。

結果、一番最初のお客様ですよ。22点のブランドバッグをお買取させていただきました。エルメスのバーキンやシャネルのバッグだったのですが、いつ、どのタイミングで電話しても営業を支援する部署の方が細かくフォローしてくださいました。「まず、落ち着いてください。金銭面に関しては高額な買取資金が必要になっても、本部がバックアップします」というお約束と、「お客様への買取金額の提示の仕方」や「お客様に対するフォロー」といったことをお伺いして、私の不安を1点ずつ解消していただきました。

【やりがい・大変なこと】

【やりがい・大変なこと】

やりがいは、月並みですけど自分のお給料を決められる事ですね。(勤め人と違って)人から強要されるものではありませんし、頑張れば頑張るほど結果に結びついてきます。そして、手を抜けば当然それは自分に跳ね返ってきます。 絶対にこのお店は利益が出るんだと思ったら大間違いですし、逆に絶対に儲からないと思っても大間違いです。あくまで我々も企業なので、利潤追求するにあたって本当にSVと細かく相談して、広告の出し方やチラシを撒く部数なども、もっともっと研究したいと思っています。

接客に関しては勉強が必要ですね、営業1日目でバッグ22点、宝飾品だと1人で35点持ってこられるお客様がいらっしゃったのですが、お品物1点1点にお客様の思い入れがあるので、お品物を手放す時のお客様の心理を考えます。本部のSVの方々が自分の実体験に基づいた話も教えていただけるので、凄く役に立ってます。

【今後の目標】

本当に不思議な縁だったのですが、私は7年前くらいは派遣社員として工場で働いていました。そこからとある建築業の下請けをしていた方に日給8,000円で雇われ、さらに不動産業だった時の知識を活かせる仕事をさせてもらうことになって、そこで繋がった方に助けてもらって今回のおたからやの店舗を私が借りるという運びになっています。
そして(取材日から数えて)先月におたからやをオープンし、2ヶ月目はそれ以上の数字で推移してるんですよね、なので5ヶ月後にはもう新店舗を出す夢を抱いています。

去年の今頃はおたからやをやっているなんて思ってもいなかった、200万円も出ないと思っていた粗利が900万円も出るなんて思ってもいなかった、20年間もプリウスに乗っていた時にはベンツに乗ることになるなんて思ってもいなかった。

今は、それがステップアップだと捉えるようになりました。来年は中古のベンツを新車にしよう、ロレックスの腕時計をもうちょっと上のレベルに変えたいとか。そういうふうに自分にプレッシャーをかけるようになりました。

【加盟をご検討の方へ】

【加盟をご検討の方へ】

この買取ビジネスに関しては、やはりフランチャイズである必要があると思うんですよね。私も日々接客の中で使わせていただくのですが「我々はおたからやグループです。
全国に1200店舗もあって、そこらの査定屋とは違うんです。だから我々に任せてください」と。そのネームバリューと、本社のパワーを最大限に利用させていただくためには、やはり大きな傘下のフランチャイズでやるということが重要だと思います。

うまく協調していけば、全然違う業種の方でもできます。私みたいに、営業あがりじゃなきゃできない仕事だったら、こんなに1200店舗も増えているわけがない。日本最大の買取チェーン店だからお客様に「信じてください」って言い切れる。我々がおたからやだからこそ、声を大にして言う資格と権利があるんです。
やるべきです、今すぐに。

一覧にもどる