WEB説明会申し込み・資料請求フォームへ WEB説明会申し込み・資料請求フォームへ

オーナーインタビュー

全国展開するおたからやオーナーの
生の声をそのままお届けします!

記内オーナー
イオンモール宇城店・イオンタウン姶良店

記内オーナー

公式チャンネルにて公式チャンネルにて

インタビュー動画公開中!

本厚木店・(2店舗目

62歳で始めたおたからや、
開店1ヶ月目の売上から
1,500万円を超える。

元々弊社はバリバリの営業会社でした。皆さんが嫌がる、とあるTV局の受信料金をお客様へ取り次ぐ会社でした。それがコロナ禍に入ってから2年間、全く仕事がなくなりました。会社を立ち上げて8年、色んな苦労はしましたけど凄く調子も良くて、初の支店を熊本にだして1年半かけてやっとスタッフも集まった時に、コロナが流行ってしまいました。仕事は無くても給料を払わなきゃいけない。今まで頑張ってきたからできれば耐えて持ち直したかった。だけど突然、電話一本でTV局から契約を切られたんです。これで引退かと思いましたよね。私はもう62歳(当時)ですから。
その話をカミさんにして「辞める」と言ったら凄い怒られましたよ。一番賛成してくれるかなと思ってたんですよ、それが「なん馬鹿な事いいよんと、出来ることがあるならやったらいいやん」と後押しされて、不景気に左右されない事業を探しました。

色んなフランチャイズを調べたけど、それなりの借金もありますし、それ以上に社員を食べさせていくためには、通常のフランチャイズをやったところで持ち直せないと思っていました。そんな中で「おたからや」さんにも問い合わせをしたけど、買取の査定は素人じゃとても無理だなと思っていたんですけど、そんな不安を解消してくれるサポートがあると聞いて、もしかしたら自分でもやれるのかも、しかもやるんだったらお金儲けできる事業。つまり売り上げが高い「コレしかない」と思い加盟しました。
この業界のいろいろな会社を調べましたけど、群抜いてトップにある一番の会社でやった方がいいでしょ。それが、おたからやでしたね。

【やりがい・または大変なこと】

加盟前はどうせ2ヶ月3ヶ月目は売り上げ上がらないだろうと思ってたけど、担当の方は「何言ってるんですか社長!この仕事は1ヶ月目から稼いでいくんですよ!」といってましたね。
ホントかよと思ったけど、本当に1ヶ月目から1,500万円も売り上げて、そこから順調にいってます。

【大切にしていること】

【大切にしていること】

大切にしているのは社員です。前の事業からずっと付いてきてくれている2人は私の右腕と左腕なんです。彼らは営業の腕がトップクラスの人間なんですよ。その2人が「おたからや、やるぞ!」と話した時に「やろう!」と言ってくれました。そんな社員に潤ってもらいたい。そのためには会社が潤わなければいけない。加盟するまで信じられなかったけど、売り上げが上がっているのは嬉しい誤算で、やって良かったと思います。

【やりがい】

【やりがい】

(社員の方より)
私は昔から接客業ばかりやっていて人と話すのが好きで、お客様に喜んでもらいたいという思いで接客をしてきました。そこで「おたからや」の仕事っていうのは、私たちもwin、お客様もwin、で成り立つ仕事かなと思って日々感じています。

お客様が持ってきたお品物って結構思いが詰まっているので、その思いも一緒に大切に買い取れるよう接客させて頂いています。「お客様が喜んで帰ってくださる」それが出来た時に初めて私も嬉しくなり、このお仕事のやりがいを感じます。ガッカリして帰ってもらうのは僕たちの本位じゃないので、沢山お話させて頂いて、たまにはお茶だけでも飲みに来てくださいと話をすることもありますよ。

正直、加盟するまで「おたからや」さんの存在を知らなかったです。だから社長から話を聞いた時は「僕たちに鑑定できるわけない無理でしょ」っていうのが最初の返事でした。でも社長の話によると鑑定などは全部サポートしてくれるから大丈夫と言われて、「えっ!?ほんとですか!?じゃあやりましょう」と始めたら、やっぱりおたからやさんのサポートは凄いですね。僕らでもしっかり出来るし、研修で勉強もさせてもらって、困ることはないですね。ホットラインって本当に面白いシステムですよね、これにつきます。

【今後の目標】

【今後の目標】

この事業はカミさんの後押しのお陰で出来ていると思います。いつも考え込んでしまう自分みて「大丈夫よ、大儲けして私に楽させてよ!」って言ってくれるカミさんの存在が励みになっています。そして私の右腕と左腕である二人がいるから今があると思っています。どうしても自分自身は経営者なので運営することで頭いっぱいだけど、彼らは「大丈夫っすよ!」と店舗で頑張ってくれています。そんな信用出来る2人や社員に、儲けて、カッコいい車、立派な家、良い生活を過ごしてもらうことが目標です。

一覧にもどる